コンテンツへスキップ

藤娘と時計

こんにちは!

オイルパステルで藤娘と

     干支時計を描きました

藤娘と干支時計

干支時計を描きたかったので、

     隣に藤娘描きました

藤娘について

滋賀県大津市の民話『大津絵』から

       抜け出した娘

大津絵

塗り笠をかぶり、

   藤の花の模様の着物を着て

藤の枝かついだ姿を見せる女舞踊

『かつぎ娘』・『藤かつぎ娘』と言う

日本舞踊

歌舞伎舞踊(日本舞踊)

     演目で伴奏の長唄があり

日本人形・羽子板にも使われてます

日本人形
羽子板

大きな 花房の藤のからんだ

松の立ち木を舞台に据え,

娘のほろ酔い姿を見せたのが評判があり

『藤音頭』で踊ることが多いです

藤娘になる

可愛くて魅力的な『藤娘』を

オイルパステルを使い指で描きました

Xserver Business

藤娘と時計の作品紹介

藤娘

頭にかぶる傘は、黒ですが、明るめの茶色にし

着物も黄色で、干支の文字が入って

少し変わった模様です

干支の文字が入った着物

干支の文字は12支書いてあります

『子・丑・寅・卯・辰・巳・午・羊・申・酉・戌・亥』

文字のアウトラインだけ書き中は塗っていません

帯はにして、娘ではなく粋な女性にしました。

干支時計について

今の読み方

子(1時)・丑(2時)・寅(3時)

卯(4時)・辰(5時)・巳(6時)

午(7時)・羊(8時)・申(9時)

酉(10時)・戌(11時)・亥(12時)

干支時計

干支の(い)を時計の上に描き右回りに

ね・うし・とら・う・たつ・み

うま・ひつじ・さる・とり・いぬ

ひらがなで書き今の時計にしました

イラスト干支は子(が上です

昔は違います

昔の読み方

前半

午前0時・・・子(ね)の刻・・・・九つ

午前2時・・・丑(うし)の刻・・・八つ

午前4時・・・寅(とら)の刻・・・七つ

午前6時・・・卯(う)の刻・・・・六つ

午前8時・・・辰(たつ)の刻・・・五つ

午前10時・・巳(み)の刻・・・・四つ

後半

午後0時・・・午(うま)の刻・・・九つ

午後2時・・・未(ひつじ)の刻・・八つ

午後4時・・・申(さる)の刻・・・七つ

午後6時・・・酉(とり)の刻・・・六つ

午後8時・・・戌(いぬ)の刻・・・五つ

午後10時・・亥(い)の刻・・・・四つ

丑三つどきについて2つあります

① (丑三つ)を(丑満つ)と読む

0時が九つで2時間経つと1つ減

     四つで終わりです

幽霊が出る時間は

『丑三つどき』だが丑の刻は『八つ』です

少し違うようです

丑の刻は一杯に満ちているので

『三つ』ではなく『満つ』と書く

② 丑の刻を4つに分ける

丑の初刻・・・・午前1時

丑の二刻・・・・午前1時30分

丑の三刻・・・・午前2時

丑の四刻・・・・午前2時30分

丑の三刻(丑三つどき)は午前2時 です

この時間だと幽霊が

出やすい時間だと思います

幽霊

幽霊さんも大変ですね!

ボードの藤娘は幽霊ではないです

藤娘と干支時計を囲むように

藤を書いてます


手芸・ハンドクラフトランキング

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です