コンテンツへスキップ

藤娘(大津絵)

こんにちは!

大津絵・歌舞伎のなかでも、

日本舞踊

女性シーリーズで、

   藤娘は有名なので

布を使用した切り絵にしました

藤娘について

当時(元禄時代)は、

お金持ちの方が

出かけるファションが派手で、

ひときわ目立つ格好

素敵でカッコイイ女性

見られていたので、

遊女(男性客を遊ばせる女)達も

負けてはならぬと

それ以上の派手なファションを着て

呼び込みをしているのを

   見た大津絵の作者が

片肌脱いで藤の枝を持って

色っぽく立っている姿

上(ラフスケッチ)
上(切り絵)

大津絵(藤娘)は、

大津絵

当時旅行客の良い土産になったそうです

藤の枝の意味

『いとしと書いて藤の花』

『いとし』『愛しい』言葉遊びです

藤の花は両方にあり、

ひらがなの『い』

藤の枝は、ひらがなの『し』

ひらがなの『し』
ひらがなの『し』の反対向き

『い』は藤の花なので、

10個以上書き

ひらがなの『し』に『い』つけて藤にしました
反対の『し』に『い』つけて
反対の藤にしました

『し』は藤の枝なので、

『い』の真ん中を通るように書くと

文字の藤の花が出来ます。

一度書いてみて下さい

藤娘は、

あどけない女性じゃなく遊女です。

純粋な娘が良いと思い切り絵にしました。

下(ラフスケッチ)
下(切り絵)

着物のシミが取れないくて作品に!

藤娘の着物は、実際着ていた着物で

気にっていた着物ですが、

汚れたのですぐに

クリーニングしようと思っていましたが

忙しく出せなく着物を見た瞬間

シミになっていって

慌ててクリーニングショップに

持っていたのですが・・・

『取れないシミもありますね!』と言われ

一応はクリーニング出しましたが

大きいシミが取れなくて着るの諦めて

作品に使用しました

お名前.com

藤娘(大津絵)作品について

ピンク色で花模様のちりめん着物です

ラ不スケッチ
切り絵

帯は友達からもらった帯のハギレです

ラフスケッチ
切り絵

帯留めはシルバーのユニポスカで描きました

帯留め

顔は薄い肌色の折り紙で口は赤いペンで描きました

頭にかぶっている塗り笠は、茶色の布で紐も赤い布です

ラフスケッチ
切り絵

藤は紫の和紙と枝は茶色の和紙です

ラフスケッチ
切り絵

切り絵は白い所だけ切るので

黒も模様になっています。

ラフスケッチ

額に入った作品は友達にプレゼントし


切り絵・貼り絵ランキング

家には色紙サイズだけあり大切にしています

エックスサーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です