人間世界に憧れる積極的な娘

こんにちは!

海の中で

人魚の国のお城に住んでいる

明るく、元気で

美しい歌声を持つ

7人姉妹の末っ子の

プリンセス『アリエル』です。

父親は娘達に厳しいですが

とてもやさしい

海の支配者トリトン王です

末娘で好奇心旺盛で冒険心があり

人間世界に憧れる娘は

一番可愛くお気に入り娘です

人間の父親もやっぱり娘は

可愛いみたいです

私の所にも3人娘がいますが

特に末の娘は可愛がっています

アリエル見たいに冒険心がある娘なので

心配なのかな?と思っています

海に世界で一番美しい歌声を持つ

アリエルを包装紙と

ラッピングペーパーで作りました

ボード作品になるアリエル

髪の毛の色が違うアリエル

最初に作ったアリエル

フランダーとアリエル

アリエルとフランダー

海のコンサート会場では

紹介されたが貝の中にはいなかったので

歌声を聞くことが

出来なかったのは残念でしたが

嵐の海から

助けたエリック王子の所では

介抱しながら歌う気持ちが

込められた美しい歌声で

エリック王子の心をとらえます

ここからアリエルの

人間世界に行きたいと思いが強く出て

アースラに美しい声あげて

足をもらい人間世界に行く

イラスト限定(人間になるイメージ画)

本当に冒険心のある

アリエルだなあ~と思いました

アリエル作品紹介

アリエルについて

プロフィール

イラスト限定

名前 アリエル

家族 トリトン王(父親)

   6人の姉

友達 フランダー(魚)

   スカットル(カモメ)

お目付け役 セバスチャン(カニ)

仕事 時々海のコンサートで歌う

性格 明るく、元気で好奇心旺盛

   冒険心があり

   興味あるとのめり込み

   自分で確かめるまでは

   突き進むまっすぐな女性

   人間世界に憧れています

アリエルが下げているバッグは

水中でも使える簡素な作りのバッグです

このバッグも人間が使っていたのでは?

少し使いこなし古いですが、

お気に入りのバッグです

ピンクの包装紙で作りました

作品
イラスト

この中に海で人間が使っていた道具を

拾ってはバッグに入れ

コレクションの洞窟に飾ったり

洞窟のイラスト限定

使い方がわからない時は、海の上に住んでいる

カモメ(スカットル)

聞いたりしていますが

間違った使い方を教えて

人間世界に住んだ時に

大変な事になっています

サメに襲われた時は、バッグを落としてしまい

命がけで取り戻したバッグです

イラスト限定

アリエルは命と同じぐらい

大切にしているバッグです

アリエルのコレクションの中で

一番大切なのは

エリック王子の像です

誕生祝いとして贈られた彫刻増です

嵐の時に船から落ち海底に沈んだので

コレクションの一部になりました

エリック王子の像は、カラーコピーしました

作品

ある日トリトン王(父親)に

コレクションが並ぶ秘密の隠れ家が

知られてしまい

洞窟を破壊されてしまいます

大切な夢のシンボル像の

エリック王子の像まで壊してしまいました

アリエルはショックで

本当にパパのわからず屋よ!

こんなに素敵な物を作りだす

人間の世界が悪いだなんて信じられない

独り言を言ってました

アリエルの性格は父親譲りで

一度言い出したことは

結果出るまで追求するので

父親との対立に悩みながら成長し

夢をかなえてエリックと結婚して

幸せになり

最後に父親に言った言葉は

『愛しているわ!パパ』

イラスト限定

最後に人間にしたのは?

トリトン王(父親)です

アリエルが魔法が解け

人魚の姿になったのを見て

驚いたエリック王子ですが

トリトン王(父親)の最後の贈り物で、

アリエルを人間の姿にし

ハッピーエンドで終わる話です

作品について

イラスト

前向き

作品

後向き

作品

上半身

イラスト

作品

肌色の包装紙を丸めて

中にプチプチを入れてます

肌色の包装紙を折りながら

アリエルの顔に作り

鼻は顔と同じ包装紙で作りました

目と口はイラストを

カラコピーして顔に貼りました

髪の毛

赤い包装紙で前髪はカールをつけ

後はストレートにしました。

後の髪の毛

上半身につけている物

紫の和紙で作りました

下半身

下半身は魚です

緑の包装紙とラッピングペーパーです

尾ビレ

薄い緑のコピー用紙で作りました

セバスチャン・アリエル・フランダー

アリエル・トリトン王(父親)

キャラクターが作れたので

リトルマーメイドボード作品にします

Xserver Business

投稿者: kirienosato

切り絵作品・チョークアート作品・リサイクル作品・ペイント作品の作品集と作品の作り方も英語と日本語で紹介しています

コメントを残す