帽子と手袋にWがあります

こんにちは!


ニンニクのような鼻から

伸びるギザギザの髭に、

とがった耳、

大きなケツアゴが特徴

黄色いシャツに

紫のオーバーオールを着てます

帽子と手袋にイニシャルWがついている

本人はカッコいいと思っている

『ワリオ』です

「オレだよ!ワリオだよ!」と言います

任天堂のスーパーマリオシリーズの

超イケメンキャラクターだ!』と言ってます

漫画でも活躍しています

『スーパーマリオくん』

『GOGOマリオワールド』、

『ドクターマリオくん』

マリオ系のパーティゲームも登場してます。

子どもにも人気があるようで絵本もあります

ゲームえほん『ワリオをたおせ』

おはなしクイズえほん『ワリオをおいかけろ』

シールつきえほん『だいじなはこ』

マリオが『スーパーマリオワールド』で

活躍中の留守の間にマリオランドに攻め込み、

マリオ城を乗っ取って、

「M」のマークをひっくり返して

「W」したことがあります

『M』と『W』は反対になります

マクドナルドも反対に!

マクドナルドも反対に

怖い顔をしているが少し面白い所があるので

包装紙と空き箱で作りました

ワリオ作品紹介

ワリオについて

プロフィール

身長 マリオより高い

   マリオの身長は155cmです

体重 140k以上

住んでいる所 ワリオワールド

ヒゲの長さ 片方 13cm 全長26cm

職業 トレジャーハンター、冒険家ゲーム会社

  「ワリオカンパニー」経営者。

好きな食べ物 ニンニク

     ライスカレー・レバニラ炒め・グレープ

嫌いな食べ物 スーパーキノコ

      ピーマン・マロングラッセ

      ピーナッツチョコレート

趣味 宝物収集、プロレス観戦、筋トレ

学歴 小卒、体育の成績は学年トップ

嫌いな事 音楽鑑賞・団体行動

好きな言葉 「ボロ儲け」「濡れ手に粟」

     「一攫千金」「食べ放題」

     「小銭」「手下」「世界征服」

好きな言葉を見てさすがワリオと思いました

筋肉を鍛えているので太マッチョな体型で

ブクブクと太ってはいないようです

メイドインワリオの服装

青いシャツの上にジーンズをはおり

ピンク色のズボンを履いて

いつもの帽子の代わりに

バイカーヘルメットをかぶっています。

ワリオの華麗なリアクション

(一部紹介します)

デブワリオ

好きなもの食べすぎて太ってしまいました

ライスカレー

これ以上太るとイケメンがブタメンになります

バルーンワリオ

良く膨らむほっぺです。そのまま飛んでいきそうです

コウモリワリオ

吸血鬼に血を吸われコウモリになってしまいました

紫の顔が気持ち悪いです

ボヨヨーンワリオ

ハンマーなどで頭を叩かれると

  足がバネように上がる

ゾンビワリオ

10月には

ハロウイーンパーティーに参加してみは?

フォークが体に刺さっているが

『W』のマークは見えます

ペッタンコワリオ

トンカチで叩かれ体と顔が一緒になりました

スノーマンワリオ

オラフみたいで可愛いです

でも寒そうで、鼻も出ています

ティシュペーパーで拭いてあげたいです

アワ、アワ、ワリオ

ワリオ玉飛んだ!屋根まで飛んで

壊れて消えた!と動揺があります

本当にどこか行ったのかな?

アッチッチ、ワリオ

カチカチ山のタヌキみたいです

悪いことをすると火をつけられます

マッチ1本火事のもと!火の用心

フリーズワリオ

雪の女王エルサに悪い事したのでは?

だから氷になってしまったのです

作品について

包装紙の関係で作品は、少しスリムです

イラスト
前向き
後向き

イラスト
作品

顔は肌色の空き箱です


帽子

イラスト
作品

黄色の用紙を丸めて

中にプチプチを入れてます

帽子のツバの所はコピー用紙です

W』は青のマジックで書きました

髪の毛は茶色の包装紙です

目・鼻・口

イラスト
作品

肌色の空き箱を

顔の形に切り目・口は

コピー用紙を貼り

黒マジックで書きました

イラスト
作品

ピンクの包装紙がなかったので

紫の包装紙です

中にプチプチが入ってます

まゆ毛とヒゲは黒の折り紙です

服装

イラスト
作品(前)
作品(後)

黄色のTシャツは黄色の包装紙です

黄色の所だけ切り繋げてます

ズボン

紫の和紙をズボンにしてます

飾りボタンはコピー用紙です

手袋

イラスト
作品

白の空き箱を手袋の形に切り

青のマジックで『W』を書きました

イラスト
作品

緑色の用紙を使い靴にしました

Xserver Business

投稿者: kirienosato

切り絵作品・チョークアート作品・リサイクル作品・ペイント作品の作品集と作品の作り方も英語と日本語で紹介しています

コメントを残す