紫陽花のドレス

こんにちは!

6月と言えば・・・

ジューンブライド(6月の花嫁)

雨でもホテル内での挙式・披露宴なので

6月に挙式を上げる方が多いです

本当に6月の花嫁は幸せになるのでしょうか?

ジューンブライドの3つの由来

1.ローマ神話の女神(ユーノーJUNO)を由来


ギリシャ神話ゼウス

 (ローマ神話ではユービテル)は浮気性な為

ゼウス像

ギリシャ神話ヘラ

 (ローマ神話では、ユーノー)が

  浮気をさせないように

  監視し良い家庭にする事で

  頑張っている姿が結婚生活の守護神と言われて

6月1日に祭られているので、

6月に結婚するとユーノーの守護神が

見守ってくれるので、

幸せになると言われています。

英語で6月ジューン(June)と書きますが

ユーノー(Juno)からで

読み方は違っても、書くと似てますよね!

ジューンブライド(June Bride) 6月の花嫁


アイデア・発明ランキング

ユーノーブライド(Juno Bride)

     ユーノーに見守られる花嫁

MYBOOK LIFE

2.6月は結婚が解禁になる月

昔ヨーロッパでは、

3月~5月が農作業が一番忙しいので

結婚が禁止になっており、

農作業も落ち着いて来た月が

6月だったので

結婚を考えてるカップルが一斉に挙式をし

みんなから祝福してもらえるので、

幸せになれると言う事で多いです

3.6月の気候・時季が結婚式に最適

ヨーロッパでは、

日本と違って6月は晴れが多く

雨が降らないので、

花嫁・花婿・招待される方も

嬉しいですよね!

イタリアでは『6月の花嫁』の言葉があり

6月12日は『恋人の日』もあり

6月12日は『恋人の日』

6月は、幸せな祝福ムード満点

(ヨーロッパだけかも・・・)

マイブックの会員登録はこちら

日本の6月の花嫁さん由来?

         幸せになるのかな?


6月と言えば、

梅雨・紫陽花・カタツムリが思いつきます

6月は雨が多く結婚を考えてる

    カップルが挙式しないので

6月のカップル

ホテルの副社長が

売り上げが伸びない6月に

ジューンブライドと言って

梅雨だけど6月は

   花嫁が幸せになれる月と全国に広まり

長靴を履いた花嫁

今では多くなって

外で挙式をしなかったら

梅雨時期でもいいのではないでしょうか ?

6月の花嫁に合う花は『ユリ』でしたが

ユリ
ユリのブーケ

作品は紫陽花を

   折り紙で作りドレスにしました

アンケートモニター

作品の紫陽花ドレス紹介します

紫陽花は検索で折り方を見て作りました

5cm正方形の折り紙

紫・ピンク・青などの色で1枚づつ折ました

紫陽花表

紫陽花を折った表

紫陽花裏

紫陽花折った裏

花嫁が持っているブーケも入れて

全部で60個作りました

紫陽花ブーケ20個作りました

実際紫陽花のドレスはないです。

胸元

顔・体一部・腕の一部は肌色の包装紙

顔は鼻を立体にし目は黒と白の包装紙で

立体の鼻

口はオレンジの包装紙です

髪の毛は茶色の包装紙

毛先をカールにしてます

頭には花束についていた

花束についていた白のネット

白のネットがあったので使い

腕にはコピー用紙で作った手袋してます

白のコピー用紙手袋

紫陽花は小さくて可愛いです

花嫁ドレス上
花嫁ドレス下

私は好きな花です

紫陽花

エックスサーバー




投稿者: kirienosato

切り絵作品・チョークアート作品・リサイクル作品・ペイント作品の作品集と作品の作り方も英語と日本語で紹介しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です